【遠近両用】バイオフィニィティマルチフォーカル|おすすめポイントと口コミ、通販価格比較

1day

遠近両用の2週間用コンタクトレンズとして提供しているクーパービジョンの「バイオフィニィティマルチフォーカル」青と紫の球体が載っているパッケージをコンタクトレンズ販売店で見かけたことがある人も多いかと思います。

 

初めてコンタクトレンズを装着するという人でも安心して使用できるようにさまざまな工夫をしている、バイオフィニィティマルチフォーカルについて今回はくわしくお話ししたいと思います。

 

 

バイオフィニィティマルチフォーカルのおすすめポイント

まずは商品スペックから

商品名バイオフィニティマルチフォーカル
種類2week(遠近両用)
素材Comfilcon A(シリコーンハイドロゲル)
含水率(%)48.0
酸素透過率128.0
ベースカーブ8.60
度数+5.00~-10.00

(ADD)加入度数
+1.00、+1.50

直径14.0
中心厚0.10
ネット通販
備考アクアフォームテクノロジー

遠くでも近くでもくっきり見える独自の製法

バイオフィニィティマルチフォーカルは最初にもお話ししたように遠近両用のコンタクトレンズです。

 

よって遠くのものを見たときでも、近くのものを見たときでもはっきり見えるように球面設計を独自の観点から丁寧に製法されているため、装着するとその視界の見え方に驚く人も多いのです。

 

また、遠近両用のコンタクトレンズ自体まだ数少ないため、眼科医のオススメにもされていたり、かなりの人気を誇っているのがこのバイオフィニィティマルチフォーカルなのです。

 

コンタクトレンズ初心者の人でも装着した際に具合が悪くならないように、度数も数多く取りそろえられているので安心して装着できるのも優しいですよね。

 

ぼくは眼科検査員として処方をすることがありますが、まずは遠くの一番最適な見え方を合わせてから、加入度数+1.00をいれて様子を見ていきます。

 

それから手元の見え方と、遠くの見え方の妥協点を探していくという感じですね。

 

酸素がたっぷり届くので目の悩みが軽減される

 

まず特筆すべきなのは、酸素透過率の高さです。

 

 

コンタクトレンズの素材の良さは、酸素透過率で比較することが多いです。

 

黒目に蓋をすることになりますので、より裸眼に近い状態にするためには、レンズ素材がたくさん酸素を通してくれることが重要になります。

 

特に長時間の使用は、黒目の酸素不足を引き起こす元になりますので、レンズ素材の酸素透過率にこだわるのは各メーカーの使命でもあります。

 

バイオフィニティマルチフォーカルは、酸素透過率128.0とかなり高い酸素透過率です。

 

酸素透過率は60以上欲しいというのが一般的にいわれていることですが、十分な数値ですね。

 

仕事上どうしても長時間装着しないといけない人にはとってもオススメです。

 

しかし、酸素透過率は直接的な装用感や見え方には何も関与しません。

 

ユーザーの方が直接、使用感として気になるのは、一日の間の乾燥の影響や、2週間の調子が維持できるかではないでしょうか。

 

うるおいが14日の夜までちゃんと持つ

毎日コンタクトレンズを変える1Dayではないので、常に清潔にしておく必要があるのと共にちゃんと毎日正しい洗浄方法で処理していても、2週間近くなるとピントが合わなくぼやけてしまったり、ゴロゴロが出やすくなるのですが、バイオフィニィティマルチフォーカルはなんと、2週間ギリギリの14日目の夜まで1日目に装着していたようなつけ心地が持続されるというのですからとても嬉しいと共に驚きますよね。

 

ではなぜそのようなことができるのでしょうか。それには、コンタクトレンズの素材に秘密があったのです。

 

コンタクトレンズの素材がスゴすぎる!!

バイオフィニィティマルチフォーカルに使用されているレンズの素材は「親水性シリコンマクロモノマー」と呼ばれる独自の素材を使用しています。では具体的に親水性シリコンマクロモノマーとはどのような働きをしているのでしょうか?

 

従来や他社製品の多くは、表面処理をしていたり内部湿潤剤と呼ばれるものを使用してレンズが作られていたのですが、バイオフィニィティマルチフォーカルはそれらの工程がなくても、素材そのもの自体が高い保水性を持っているため、その必要が無いとともに、レンズのうるおいを長時間しっかり保ってくれるため、1日目のような装着感が14日目でも続くということなのです。

 

コンタクトレンズを装着する上で、避けて通れないので「目の乾き」や「目のゴロゴロ感」ですよね。

 

現代長時間装着する人が多くなったと共に、ドライアイなど目の病気にかかる人の数も比例して多くなっています。

 

そんな深刻な問題を少しでもなくしてくれる機能をバイオフィニィティマルチフォーカルには備えられているのです。

 

もちろん個人差はあるので一概に全員がとは言えませんが、おそらく今使用しているコンタクトよりは良い効果が期待されると思います。

 

 

バイオフィニィティマルチフォーカルの口コミから評判を徹底チェック

良い口コミ

 

・他の商品をずっと使用していたが、なんといっても汚れにくいため外でのスポーツなど屋外の活動の

ときは必須になっています!!

 

・うるおいの持続力がすごい。常に目薬をさしていたが、これにしてから回数が減った気がする。

 

・レンズを装着する際、今までのレンズはフニャフニャしていて目につけるのに時間がかかっていたがバイオフィニィティマルチフォーカルは丸い形状が崩れないため、とても簡単に装着できて嬉しい。

 

悪い口コミ

 

・販売されているところが限られているので、購入するのが不便だと感じる。

 

・遠近両用というのもあるのかもしれないが、価格が他の商品よりも高いのがネックです。

 

・装着するときは割と簡単にできるんだけど、はずすとき目に張り付いたり、つるつるすべってはずしにくい。

 

 

口コミまとめ

全体を通してバイオフィニィティマルチフォーカルは高評価が多いと感じました。

 

確かにレンズの価格は他社の製品に比べ割高にはなってしまいますが、価格より目の健康のことを考えるならば、眼科医も推奨するくらいなので、バイオフィニィティマルチフォーカルは大変オススメです。

 

ただ口コミでも見られましたが購入できる場所が限られていますので、購入の際はまとめて半年分くらい購入すると便利かと思います。

 

毎日使うものだから安心・安全で使用したいですよね?

 

ぜひこの今回ご紹介したバイオフィニィティマルチフォーカルをお試しになって、効果をご自身で感じていただけたらと思います。

 

バイオフィニティマルチフォーカルの通販価格比較

クーパービジョンのコンタクトレンズは国内のネット通販サイトにはほぼ取り扱いがありません。

 

 

6枚1箱 8,189円
(送料・手数料1,309円込)
6枚2箱 
(両眼3か月)
13,670円
(送料・手数料1,618円込)
6枚4箱 
(両眼6か月)
27,520円
(送料・手数料1,238円込)
6枚6箱 
(両眼9か月)
41,280円
(送料・手数料1,858円込)
6枚8箱 
(両眼12か月)
54,240円
(送料・手数料2,441円込) 
 

購入する

 

結構高い値段しますね。

 

遠近両用レンズは特殊レンズなので少々高いのですが、クーパービジョンのレンズは取り扱い通販サイトを探すのも一苦労します。

 

お値段が気になる方は、性能面でもひけをとらない、

アルコン:エアオプティクスアクア遠近両用もおすすめです。

 

国内通販サイトでも取り扱いがあり、1箱3,000円弱でレンズクラスという通販サイトに取り扱いがあります。

 

レンズクラスでエアオプティクスアクア遠近両用をみたい方はこちら

 

バイオフィニティの近視用・乱視用をお探しの方

バイオフィニティは素材は全て同じで近視用、乱視用、遠近両用と発売されています。

 

酸素透過率が高く、シリコーンハイドロゲル素材としては比較的水分量も多めで柔らかい特徴の素材です。

 

バイオフィニティ|おすすめポイントと口コミ、通販価格比較

 

バイオフィニティトーリック|おすすめポイントと口コミ、通販価格比較

 

さいごに

クーパービジョンからバイオフィニティマルチフォーカルについて解説をしてきました。

 

国内では使い捨てレンズの後発メーカーとしての印象がありますが、このバイオフィニティの素材で一気にシェアを伸ばしたというところが印象的です。

 

大手販売店アイシティでも取り扱っていることも影響しているかと思われます。

 

それだけ評判は高いということではないでしょうか。

 

それぞれに合うかどうかはわかりませんが、要チェックのレンズです。

 

2week遠近両用コンタクトレンズおすすめランキング

バイオフィニティマルチフォーカル

クーパービジョンから発売のバイオフィニティマルチフォーカル。

近視用、乱視用でもランキング1位にしましたが、やはりこのバイオフィニティの素材は使用感としてはひとつ抜けています。

加入度数の強さからすると、比較的遠近両用を初めて使ってみるという方におすすめです。

■基本データ
シリコーンハイドロゲル素材
酸素透過率   128.0
含水率     48.0%
通販サイト価格 6,780円~(1箱6枚入り)

酸素透過率が高い
2パターンの加入度数
素材が柔らかく、見え方も安定している

エアオプティクスアクア遠近両用

アルコンから発売のエアオプティクスアクア遠近両用。

実際にはランキング1位でもいいくらい、遠近デザイン・加入度数パターンが良く、視力安定にも優れています。

おまけにコストも遠近両用としてはかなりお手ごろです。

■基本データ
シリコーンハイドロゲル素材
酸素透過率   128.0
含水率     48.0%
通販サイト価格 2,810円~(1箱6枚入り)

3パターンの加入度数で合わせやすい
遠中近の見え方のバランスがいい
コスパがいい

メダリストフレッシュフィットコンフォートモイスト遠近両用

ボシュロムから発売のメダリストフレッシュフィットコンフォートモイスト遠近両用。

薄型レンズで装用感が良く、遠近両用レンズとしての見え方の評判はまずまずのレンズです。

■基本データ
シリコーンハイドロゲル素材
酸素透過率   130.0
含水率     36.0%
通販サイト価格 6,280円~(1箱6枚入り)

レンズが薄く装用感がいい
2パターンの加入度数
視力安定がいい