実店舗もある楽天モバイルは格安SIM素人にオススメ

シェアする

スポンサーリンク

さんざん格安SIMを勧めてきているわけですが、まだまだ切り替えできていない方は多くいます。

切り替えを考えているのに、できていない人は、

「どこの会社にしたらいいの」
「ネットでの切り替えが不安」

こんな風に思っているアナタ、楽天モバイルなら全国に実店舗が多数出店していますので安心して切り替えができるようになっています。

実際にはWEBで申し込むのも難しくはありませんし。

スポンサーリンク

僕が思う楽天モバイルのメリット

実店舗がある

実際にはネットで切り替えをする方が、webキャンペーンがあったり、時間の拘束が少なかったりとメリットが多いように思います。

でも、そのネット手続きが不安という方には、実際に店舗へ行って店員さんからサポートを受けながら手続きできるのは最大のメリットになります。

全国の楽天モバイルショップを調べる

楽天でんわでかけ放題が可能に

2017年4月から楽天モバイルのオプションで無制限のかけ放題ができるようになりました。

格安SIMでははじめてではないでしょうか。

それ以前には5分以内かけ放題のオプションはありました。

  • 5分以内かけ放題  850円/月
  • かけ放題     2,380円/月

大手キャリアと比較しても安くなります。

楽天モバイル かけ放題プラン スタート!

楽天スーパーポイントが貯まるし使える

日々の生活の買い物なんかで楽天市場を使う方や、それ以外にも楽天スーパーポイントが使えるサービスがあります。

当然、楽天モバイルも使えば使った分だけポイントが貯まりますので、そのままスマホ代に充填することもできれば、他のショッピングに使うこともできます。

楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

僕ならこう契約する

楽天モバイルは使ったことはないんですが、公式ページをみて僕ならどんな風に契約するかシミュレーションしてみました。

3.1GBパック+通話SIM=1,600円/月

まあほとんどの人がこれで大丈夫だと思います。
今まで通り普通に使えればいいという人はコレ一択でしょう。

動画とかまったく見ないネットライトユーザーの方は、

ベーシック+通話SIM=1,250円/月

逆に、大手キャリアで通信制限に合っているような方は、

10GBパック+通話SIM=2,960円/月

これでもずいぶん安いと思います。

通話が多い人は、上でお話したかけ放題をオプションとして追加すると良いでしょう。

楽天モバイルは超お得!
楽天モバイルなら月々のスマホ代がこんなにもお得?早速シミュレーション!

端末本体も新しくする場合もセールからいいものを見つけることもできます。

セール情報

利用までの流れ

公式のHPの流れに沿っていくだけなので簡単に申し込みができます。
一度確認をしてみてください。

ご利用の流れ

楽天モバイル公式ページはこちら
【楽天モバイル】

事前準備

少し補足をしておきます。

切り替えの前に決めておかないといけないことがあります。

  1. 端末+SIMカード or  SIMカードのみか選択
  2. SIMタイプの選択
  3. MNP  or  新規番号にするか選択
  4. エントリーパッケージ

楽天モバイルは、docomo系の格安SIM事業者になりますので、docomoの端末をお持ちの方はそのまま使うことができます。

また新しい端末を欲しいという方は、端末とセットのプランを選択することができます。

対応端末 を調べる

SIMタイプはほとんどの方が通話とデータ通信をされると思いますので通話SIMの選択で問題ありません。

料金ページ を確認

今までの090/080/070電話番号を引き継ぐ方はMNPを選択し、新しい番号を新規で持つ方は新規番号を選択してください。

MNP とは?

エントリーパッケージは、なぜかアマゾンにあって楽天市場にはありませんでした。
事前に購入しておけば3,240円の事務手数料が無料になります。
2017年6月の時点で432円です。

必要書類を揃えておく

  1. 契約者 本人確認書類
  2. 楽天会員ログインIDとパスワード
  3. MNP予約番号
  4. 支払い用クレジットカードまたは銀行口座番号

ネットであっても実店舗の利用であっても、契約者本人確認書類が必要となります。

免許証さえあればそれだけで済みますが、それがない方は以下の書類を揃えなければいけません。

本人確認書類を確認する

2、3は楽天会員のみ、MNP希望の方が準備しておきます。

支払いに関してはクレジットカードがオススメです。

楽天モバイルにするなら楽天カードを作ってしまいましょう。

楽天カードでポイントゲット

申込はこちらへ

他にも、「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」が利用できます。

口座振替もできるので、クレジットを持ちたくない方はこちらを選択します。
しかし、口座振替は引き落とし時に手数料108円が発生します。
その他にも支払いに制限がありますので、やはりクレジットカードでの支払いがオススメです。

申し込みをする

いよいよ申し込みです。

【楽天モバイル】

申し込み時は必要書類とエントリーパックを準備しておいてください。

実際のところWEBで申し込んでも、店頭で申し込んでもやることは一緒です。

一人でやるか、近くにサポートの店員さんがいるかだけの違いです。

一人が不安な方は準備した物を持って店舗へ行きましょう。

申し込みのWEBページは非常にわかりやすいので、しっかりと読めば難しいことはありません。

SIMカードの選択は端末のセットの方は自動的に選択されますが、「SIMカードのみ」の場合、自分で選択する必要がありますので注意してください。

オプションやアクセサリーは自分に必要な物を選択します。
ぼくはこの手のものは一切契約しません。
キャンペーンがあるときはうまく利用するのも良いと思います。

楽天会員の方は、楽天IDでログインすると基本情報を自動入力してくれます。

店舗契約なら

店舗での契約なら、即日で契約することができます。

必要書類などを持っていけば、MNPなどの面倒な手続きも店員さんと一緒にすることができ、端末とSIMを使える状態で持って帰ることができます。

ネットでの切り替えが不安な方にはオススメですが、お店に行くことなどの時間拘束はあります。

WEB契約なら

申し込みを済ませたら、本人確認書類のアップロードをします。

スマホなどで撮影した画像データを送付するだけなので特に難しいことはありません。

24時間いつでもできるので、店舗へ行く時間のない方や、店舗での時間拘束が嫌な方はWEBで済ませるのもアリでしょう。

申し込み手続きと本人確認が完了すれば、2~3日で商品が到着します。

商品を受け取ったら、MNPの手続きや、本体の初期設定を行いますが、こちらも手順どおりやれば十分ひとりでもできることなのでご安心ください。

さいごに

楽天モバイルは格安SIM事業者でありながら多くの実店舗をもつことで、ネット切り替えに不安がある方には、大手キャリア並みのサポートを受けることができます。

それでいて、かかる費用は大手キャリアと比較して大幅に削減することができます。

また、楽天市場をはじめとして楽天のサービスは、ぼくたちの生活のなかに随分と浸透しているので、楽天ポイントとつなぎ合わせればさらにお得になります。

まだ格安SIMへの切り替えに迷っているあなたの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする