格安SIM/格安スマホ mineo(マイネオ)がおすすめの理由

シェアする

スポンサーリンク

mineo(マイネオ)は、関西電力グループのケイ・オプティコムが提供する、格安スマホのサービスです。

dokomo回線でもau回線でも利用することができるので、これから格安SIMに乗り換えを検討されている方にも幅広く対応することができます。

また、スマホ端末もセットで使えるので端末も新しくという方も安心です。

しかし、

「いざ乗り換えをしようとしてもどのプランがいいか分からない」

という方にオススメのプランを紹介していきたいと思います。

このような方にオススメです。

・通話はほとんどしない
・ネットはLINEやニュース記事をみるくらい
・今までのメールアドレスが使えなくなっても困らない

多くの方は上記の条件に当てはまるのではないでしょうか。
特にお仕事などをされている方は休憩中もネットサーフィンやSNSをするくらいで、月々の支払いは6,000円から8,000円とかではないですか?

ざっくり見積もっても格安SIMなら半額くらいになりますよ。

それでは、紹介していきます。

格安スマホはmineo

スポンサーリンク

今までの端末が使えるか?

キャリア端末を使用している方

大手キャリアから格安SIMへ移行する際は、必ずこの問題があります。

mineoでは、docomoとauからの移行に関しては、SIMカードの入れ替えだけで移行できる場合がほとんどです。

単純に考えれば、docomo端末からの切り替えならmineo(Dプラン)、au端末からの切り替えならmineo(Aプラン)が良いと思います。

docomoとau端末をお使いの方はこちらをご確認ください

ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

softbankの端末を利用されている方は、まずはSIMロックの解除が必要となります。

そもそもSIMロックが解除できる端末かどうかの確認と、softbankへの手続きが必要となります。

softbank端末をご利用の方はこちらをご確認ください

softbank端末からの格安simへの移行は、U-mobileやb-mobileなどで使えるようにもなっています。

SIMロックの解除をすれば、docomo回線を使うDプランとau回線を使うAプランどちらでも利用できます。

SIMフリー端末を使用している方

docomo回線を使うDプランとau回線を使うAプランどちらでも利用できます。

MNPは可能か?

今使っている電話番号を引き継ぐことは可能です。

今使っているキャリアへの手続きが必要です。

料金プランは?

上でもお話したように、mineoにはdocomo回線を使うDプランとau回線を使うAプランがあります。

データ通信のみの契約に関してはどちらのプランにも差はありません。

しかし、ほとんどの方は今のスマホでデータ通信と音声通話を契約しているはずです。

mineoでデータ通信と音声通話を契約する場合は、DプランとAプランで少し差があります。

 D/Aプラン Dプラン Aプラン
データ容量 データ通信のみ データ通信+音声通話 データ通信+音声通話
500MB 700円 1,400円 1,310円
1GB 800円 1,500円 1,410円
3GB 900円 1,600円 1,510円
6GB 1,580円 2,280円 2,190円
10GB 2,520円 3,220円 3,130円
20GB 3,980円 4,680円 4,590円
30GB 5,900円 6,600円 6,510円

Dプランでデータ通信のみを選択した場合、SMSを申し込む場合はプラス120円。

音声通話は国内で30秒20円となります。

・今までのスマホと同じ使い方をしたい場合は、データ通信+音声通話6GBとなります。

・データ通信をあまり使わない方、自宅ではWiFiという方は 、データ通信+音声通話3GBで良いと思います。

・今までもデータの通信制限にかかっていた方は、データ通信+音声通話10GBもありではないでしょうか。

通話オプション

音声通話が多い方にはオプションがあります。

  • 5分かけ放題サービス 月額850円
  • 通話定額30      月額840円
  • 通話定額60      月額1,680円

5分かけ放題サービスはアプリをダウンロードして、アプリから発信をして利用します。
5分を超えると30秒10円で通話料が加算されます。

通話定額30/60は、申し込みが必要です。
それぞれの時間を超えると30秒20円で通話料が加算されます。

オプションはいらないけど通話料を安くしたい方は、楽天でんわのアプリからの発信で常に30秒10円で発信できます。

楽天でんわについてはこちら

そもそも僕は、月に電話をほとんどしないのでオプション加入はしていませんが、どうしても必要なときは楽天でんわアプリから発信しています。

逆に通話がすごく多いという方は、楽天モバイルもおすすめです。
mineoでは完全な通話定額はありませんが、楽天モバイルなら格安SIMでははじめての完全通話定額ができます。

実店舗もある楽天モバイルは格安SIM素人にオススメ
さんざん格安SIMを勧めてきているわけですが、まだまだ切り替えできていない方は多くいます。 切り替えを考えているのに、できていない人は...

端末もセット購入する

mineoで端末を購入することも可能です。

一括払いで19,800円~39,600円
(分割にすると825円~1,650円/月×24ヶ月)

docomoならHUWAEI nova lite
auならZenfone Go 
最安で19,800円です。

ライトユーザーなら十分使えるスペックです。
それぞれ上位機種もあります。

mineo端末を確認する

準備しておくこと

mineoでの申し込みを決めたら、事前に準備しておくものをあげておきます。

  • 支払い用本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号

・支払いはクレジットカードのみです。
持っていない方は、比較的簡単につくれるカードを準備してください。

楽天カードでポイントゲット
申込はこちらへ

・本人確認書類は、免許証やパスポート、保険証があれば大丈夫です。

本人確認書類を確認する

・MNPされる方は、申し込みの前に予約番号を入手します。
予約番号には有効期限がありますので予約番号を入手したら早めの手続きが必要です。 

申し込み方法

mineoでの申し込みを決めたら、手続きになります。

mineoの申し込み方法は以下の通りです。

  • 店頭での申し込み
  • WEBでの申し込み

格安スマホはmineo

店頭での申し込み

まずは最寄りにmineoが契約できる店舗があるか調べます。

店舗を調べる

即日対応の店舗なら、申し込み完了から2時間程で切り替え完了、持ち帰りができます。
後日店頭受け取りや郵送もできます。

WEBでの手続きが不安な方は、店頭利用がオススメです。

時間拘束が嫌な方はWEB申し込みのほうが簡単です。

WEBでの申し込み

事前の準備ができていればWEBでの申し込みのほうが断然ラクです。

申し込み画面に従っていくだけです。

格安スマホはmineo

  1. サービスの選択
  2. 本人情報の入力
  3. 本人確認
  4. 申し込み完了

2のサービス入力は上でお話してきた内容を選択していくだけなので、事前に決めておけば何の問題もありません。

4の本人確認書類はWEB上での画像のアップロードでできるので、スマホがあればこちらも問題ありません。

申し込みが正しく完了すれば1週間程度で自宅にSIMカードや端末が届きます。

商品到着後にすること

商品到着後にすることは、

  1. SIMカードの取り付け
  2. MNP転入切り替え
  3. ネットワーク設定

いずれも案内に従って手続きをすれば一人でもできます。

これで切り替えが完了、mineoでスマホの利用ができるようになります。

さいごに

mineoはdocomoユーザーの方でも、auユーザーの方でも今使っている端末を利用することができるので、キャリアの2年縛りが終わるタイミングの方には切り替えをオススメします。

ライトユーザーの方なら、お昼と夕方に少し繋がりにくさを感じる程度でほぼ問題なく利用できると思います。

それでいてコストはおよそ半額になるなら切り替えるしかないですよね。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする