メルスプランとネット通販ならどちらがコンタクトレンズを安く使えるか比較!

シェアする

スポンサーリンク

コンタクトレンズも様々な方法で利用することができるようになりました。

昔は、眼科へ行って処方箋を発行してもらい、お店の価格で購入するだけでしたが、インターネットが普及したことで、ネット通販で価格を比較しながら購入することができるようになりました。

そういった価格競争から逃れるため、コンタクトレンズメーカーであるメニコンが始めた定額制のコンタクトレンズの使い方が「メルスプラン」です。

スポンサーリンク

メルスプランとは

今や、110万がメルスプランの会員として全国に存在していますが、どんな内容か知らない方もいると思いますので簡単に説明していきます。

コンタクトレンズの購入方法というのは、だいたい1箱○○円といった感じで、その価格はお店ごとによって変わります。

もちろんすごく安いところもあれば、結構高めの設定をしているお店もあります。

メルスプランは定額制の使い方となるため、1箱○○円という考え方ではなく、月々○○円でコンタクトレンズを使うことができます。

例えば、

  種類 月額費用

1day

1dayプレミオ 5,400円
magic 4,752円
メニコン1day(乱視用も) 4,752円
2week 2ウィークプレミオ(乱視用も) 2,268円
Rei(乱視用も) 2,268円
プレミオ遠近両用 2,592円
1month マンスウェア(乱視用も) 1,944円

月額費用の支払いは、クレジットカードや口座引落しが選択することができ、一度登録をすれば会員期間中は店頭で支払いをする必要もありません。

また、眼科受診を定期的にしていれば、その後の一定期間はムータン定期便というコンタクトレンズの定期配送も行ってくれるシステムがあるので、忙しい方にも魅力的なサービスですね。

1回で受け取れる数量は3ヶ月単位なのですが、使用途中のレンズトラブルや、レンズの度数交換などで早めの受け取りや、追加の受け取りがあったとしても追加負担金などは一切ありません。

入会時には3,240円の入会金が必要で、入会後1年間は原則退会はできません。

以上が簡単なメルスプランの説明です。

ちなみにメルスプランにはハードレンズなどのサポートもありますが、今回は使い捨てソフトコンタクトレンズのみの内容でお話しています。

メルスプランが向いている人

メルスプランが向いている人はどんな人でしょう?

まずはコンタクトレンズが初めての方ではないでしょうか。

特に未成年の学生さんとか。

コンタクトレンズの支払いが親御さんなら、定額の支払いをしておけば、度数変更や急なレンズトラブルなどにも追加の受け取りをすればいいだけですからね。

あとは、こまめにお店に行くのが面倒という方は、ムータン定期便がありますので、こういった方もメルスプランが向いているかと思います。

メルスプランはお得なのか?

では、普通に購入するのとメルスプランならどちらがお得なのかという話になってくると思います。

度数変更の多い方や、レンズを早めに交換するような使い方なのであれば、受け取り回数も増えるためメルスプランの方がお得かもしれません。

例えば、2weekタイプのレンズが10日くらいしか持たず早めに交換しているとか、1dayタイプのレンズでアレルギーの為に1日複数枚レンズを使っているなどたくさんレンズを消費する方には定額制は安心です。

しかし、あまりトラブルのない方や、使用頻度が多くない方などが定額制にしてしまうとかえって割高になってしまうこともありますので注意が必要です。

一番もったいないのは、定額費用を支払っているのに、忙しいなどの理由からコンタクトレンズの受け取りができていないことです。

そこでここからは少しコストの話をしていきたいと思います。

ここではメルスプランにかかる費用とネット通販でのコスト比較をしていきます。

また、メニコンの商品の代わりとなるレンズも紹介していきたいと思います。

メルスプランVSネット通販

まずは1dayタイプから比較していきたいと思います。

  種類 月額費用

1day

1dayプレミオ 5,400円
magic 4,752円
メニコン1day(乱視用も) 4,752円

メルスプランで先ほど使った表です。

例えば1dayプレミオにかかる月額費用をネット通販で1か月分購入したと考えると、1箱あたりは2,700円ということになりますよね。(30枚入り2箱で両眼1か月分)

1dayプレミオと同等のレンズとなると、クーパービジョンのマイデイなんかがそれにあたると思います。

【1日使い捨て】メルスプラン専用/1DAYメニコンプレミオVSマイデイ徹底比較
眼科検査員歴10年以上、コンタクトレンズ販売もしています、あらみずです。 ワンデータイプの使い捨てコンタクトレンズについては、色々と紹...

マイデイでしたらネット通販で1箱2,580円で販売しています。
2箱で両眼1ヶ月分として5,160円です。

詳細を見る

メニコン1dayに関しては、こちらもクーパービジョンのバイオメディックスワンデーエキストラが同等品というか全く同じレンズとなります。(というかもともとメニコン1dayがクーパービジョンの商品)

メルスプランの月額費用を1箱に換算すると、2,376円。

ネット通販でバイオメディックスワンデーエキストラを調べれば1箱あたり1,580円で販売しています。
2箱で両眼1ヶ月分として3,160円です。

詳細を見る

こうやって比較してみると、トラブルの少ない方や、毎日使わないような方は、ネット等で安く購入することもできるということです。

ちなみに乱視用の1dayタイプだとメルスプランの会費の方が断然安くなります。

次に2weekタイプの比較です。

  種類 月額費用
2week 2ウィークプレミオ(乱視用も) 2,268円
Rei(乱視用も) 2,268円
プレミオ遠近両用 2,592円
1month マンスウェア(乱視用も) 1,944円

2weekタイプについてはネット通販では3ヶ月分1箱からの販売となりますので、月額費用×3ヶ月÷2箱=3ヶ月分1箱の購入と換算できます。

まずは2ウィークプレミオからですが、こちらも同等の商品と考えると、クーパービジョンのバイオフィニティが良いと思います。

1箱1,980円なので両眼3か月分で3,690円ということになります。

詳細を見る

検査員が選ぶ!2weekコンタクトレンズおすすめ3選
眼科検査員歴10年以上、コンタクトレンズ販売もしています、あらみずです。 以前の記事で、さんざんワンデーをおすすめしてきましたが、やは...

メルスプランだと両眼3ヶ月6,804円なので一目両全ですね。

このように、実際に自分でしっかりと管理ができる方は、自分で調べてうまく購入すればメルスプランよりやすくなるということです。

さいごに

はじめに話したとおり、コンタクトレンズの購入方法はいろいろ考えられます。

けしてネット購入が悪いということではありませんが、やはりある程度自分で調べたりすれば選択肢は広がるはずです。

コンタクトレンズを使用する方にとって、レンズにかかる費用はランニングコストとなっていきますので、キチンとした判断が求められます。