【徹底比較】2ウィークアキュビュー/アドバンス/オアシス

シェアする

スポンサーリンク

前回はジョンソンエンドジョンソンのワンデータイプの種類別比較をお話しました。

【徹底比較】ワンデーアキュビュー/モイスト/ディファイン/トゥルーアイ/オアシス
使い捨てコンタクトレンズを使っている人で知らない人はいないといっても過言ではないレンズメーカーのジョンソンエンドジョンソン。 世界、国...

今回は、その2ウィークタイプの比較をしていきたいと思います。

ワンデータイプと同様に店頭でも、2ウィークアキュビューまでわかっていてもその後の種類を正確に把握していない方も結構いますので、正しいレンズ名とともに、そのレンズ性能も理解しておくと良いと思います。

お店で購入するにしても、処方箋を発行してもらってネット通販で購入するにしても自分の使っているレンズ名や度数などの規格を把握しておくことは大切なことですからね。

スポンサーリンク

2ウィークアキュビューシリーズ

2ウィークアキュビューにも複数レンズの種類があります。

  • 2ウィークアキュビュー
  • 2ウィークアキュビューディファイン(茶色のみ)
  • アキュビューアドバンス
  • アキュビューオアシス(乱視用も)

こちらは現在発売されている商品のみを挙げています。

ジョンソンエンドジョンソンの2weekタイプの流れとしては、まずはじめに1週間連続装用のアキュビューというレンズがありました。

今は、連続装用をするという安全面のところから終売となっており、1日使い捨てか、2週間の定期交換型でその日の終わりには必ずレンズを外す終日装用が主流です。

連続装用タイプのアキュビューの後に発売されたものでシュアビューというレンズもありました。

後にも先にもアキュビューという商品名が入っていないレンズですが、このレンズがジョンソンエンドジョンソン始めての2weekタイプのレンズです。

そして、ここからが上で挙げたレンズの登場となっていきます。

2ウィークアキュビューは随分とロングセラーの商品ですが、レンズ素材は旧型のハイドロゲル素材です。

ちなみにこのハイドロゲル素材で乱視用や遠近両用レンズも発売されていましたが現在は終売となっています。

同じくハイドロゲル素材でサークルレンズとして登場したのが2ウィークアキュビューディファイン。

色はワンデーと異なり、ヴィヴィッドスタイルの1色のみです。

アキュビューアドバンスは、シリコーンハイドロゲルレンズの先発の商品です。

アキュビューオアシスは現在のジョンソンエンドジョンソンの2weekタイプとしては主力の商品です。

このレンズには乱視用レンズが存在します。

レンズ素材について

素材の違いは、シリコーンが含まれるかどうかで酸素透過性が約4倍かわってきますので、レンズ選択の重要な決め手となるのではないでしょうか。

先ほどロングセラーと言った2ウィークアキュビュー/ディファインはシリコーンを含まないハイドロゲル素材となります。

アキュビューアドバンス/オアシスは新素材のシリコーンハイドロゲル素材のレンズです。

シリコーンを含むかどうかには違いがありますが、3種類のレンズすべてにUVカット機能は備わっていますので、このあたりをこだわる方にはおすすめしやすいメーカーです。

2ウィークアキュビュー/ディファイン

まずは、2ウィークアキュビュー/ディファインのスペックから。

  2Wアキュビュー 2Wディファイン
素材 ハイドロゲル
酸素透過率 33.3 33.3
UVカット あり あり
含水率 58% 58%
ベースカーブ 8.7/8.3 8.3
度数 +5.00~
-12.00
+1.00~
-9.00
直径 14.2 14.2

レンズスペックからはわからないことですが、検査員として長年色んなレンズを合わせてきていますが、2ウィークアキュビューについては非常に合わせやすい良いレンズだと思います。

レンズの装用感、視力の安定など他のメーカーでうまくいかないことが解決したりすることが多かったように思います。

弱点といえば、レンズが汚れやすいイオン性であることなどから他のメーカーに流れることはありました。

そして、ぼくの店でも随分とアドバンスやオアシスへの切り替えもおこなってきましたので以前ほどの人気商品ということはありませんがまだまだ使用者の多いレンズです。

しかし、ぼくだったらこの後紹介するオアシスをおすすめすると思います。

2ウィークディファインに関しては、個人的に正直あまり良いイメージはありません。

2weekタイプで、サークルレンズを希望される方にはもちろん合わせますが、すごくレンズが薄型でレンズの表裏の見分けが難しいので、初心者にこの説明をするのがいつも大変でした。

色の選択肢も茶色のみなので、レンズスペックからしても、今ならメニコンのReiなんかがおすすめになります。

ここでは余談になりますが、メニコンのReiは色が黒と茶色の2色あるのと軽度の乱視矯正ができる事、素材が汚れにくい特徴があり、レンズの表裏はすぐに分かります。

アドバンス/オアシス

アドバンス   オアシス    
素材 シリコーンハイドロゲル
酸素透過率 85.7 147
UVカット あり あり
含水率 47% 38%
ベースカーブ 8.7/※8.3 8.8/8.4
度数 -0.50~
-10.00
+5.00~
-12.00
直径 14.0 14.0

※8.3の度数は-9.50まで

ここまでみればお分かりだとだと思います。

レンズスペックからすればアキュビューオアシスがダントツのレンズ性能を持っています。

アキュビューアドバンスはシリコーンハイドロゲル素材の先発のレンズです。

しかし、せっかくの素材なのに酸素透過率が微妙ですよね。

実際に現在、メーカーも製造範囲を随分と縮小していっていますのでそういった意味でもオアシスへの切り替えをおすすめします。

ちょっとしたことですが、アドバンスに関しては2ウィークアキュビューのレンズデザインをそのままにシリコーンハイドロゲル素材にしたものです。

オアシスに関しては、まったくの別デザインになりますが、含水率が低いわりにはハンドリングは滑らかで、レンズフィッティングの失敗も少ない商品です。

ネット通販だと…

ぼくがおすすめしているネット通販のお店だと金額的には以下のようになります。

※2017年8月現在

2Wアキュビュー 6枚 1,580円 詳細を見る
2Wディファイン 6枚 2,370円 詳細を見る
アドバンス 6枚 1,880円 詳細を見る
オアシス 6枚 1,880円 詳細を見る

6枚入り1箱なので、両眼なら2箱で3ヶ月分となります。

アドバンスとオアシスには価格差がありませんし、2ウィークアキュビューとの差も月で換算すれば200円の差(両眼)です。

さいごに

以上が、2ウィークアキュビューシリーズの比較でした。

並べてみるとアキュビューオアシスが抜群のレンズじゃないかなと思います。

種類に迷っている方も、ジョンソンエンドジョンソンのユーザーの方にも参考になればと思います。